こいつら100%伝説

80年代に少女漫画雑誌『りぼん』で連載していた奇才岡田あーみん先生による超大人気ギャグ漫画『こいつら100%伝説』をまだ読んだことの無い方がいましたらそれは大変な機会損失です。是非お読みになってください。いまだに岡田あーみん先生のファンは根強く残っています。私もその一人です。

『こいつら100%伝説』の面白さ、すごさというのは百聞は一見にしかずで是非一度この漫画を読んでもらった方がいいのですが、とりあえず少し説明させてください。

この他に類を見ない作風で読む者の心を掴んでやまないこの作品がそもそも正統派少女漫画雑誌『りぼん』に載っていたという所に奇跡を感じ得ないです。それほど、この漫画は前にも後にも誰にも真似することが出来ない唯一のギャグ漫画なのです。ストーリー自体は戦国時代にある城のお姫さまの身が危険にさらされそうな事から三人の忍者とその師匠のいる家に同居させてお姫さまの身の安全を守ろうとするのですが、底で繰り広げられる三人の忍者たちのドタバタコメディです。
まん丸、危脳丸、極丸の三人組がとても面白く読むのがやめられません。絵柄も大変インパクトの強いもので、一度見たら忘れる事ができません。当時の『りぼん』は人気アニメ化する作品も多くあり、ギャグ漫画として載っていた『ちびまる子ちゃん』はあまりにも有名ですが私はこの岡田あーみん先生のギャグ漫画の面白さにはどの漫画作品もかなわないと思います。
セリフも過激過ぎるのでコミックスになるときには変えられてしまっていることもあるほどです。それ故アニメ化には問題のある作品であったかもしれませんが、この漫画のファンは多く再連載を期待していた人も多かったです。