ユースチームをテーマにしたサッカー漫画「アオアシ」

サッカーの漫画は、シュート、ホイッスル、BE BLUES!〜青になれ〜、Daysなど、たくさん読んでいますが、多くは高校サッカーなどを舞台にしたものが多かったですがこの「アオアシ」はプロのユースチームにスポットを当てた今までにないサッカー漫画です。

センスはあるけれど「サッカー」というものが理解できていない主人公の青井葦人(アシト)が、ユースの中でサッカーというものを学び成長していく姿が描かれています。サッカーを知らない人でも楽しめるサッカー漫画になっていると思います。

主人公が上手くいかずに壁にぶち当たることも多いですが、そのたびにサッカーというものを仲間たちから学びながら、天性の吸収力と努力で力を付けながら乗り越えていく姿に感動も覚えます。

ユースという高校サッカーとはまた違う環境でプロを目指す視点は、今までにないもので、その選手たちの葛藤などもうまく描かれていると思います。高校サッカーはテレビなどでもよく取り上げられますが、ユースの話はあまり聞いたこともなかったので興味深かったです。

また、主人公の周りを固める登場人物もとても魅力的だと思います。

まずは、主人公の才能を見つけ出し気付きを与える監督の福田の魅力。彼もまた日本のサッカーに革命を起こすべく、今までにない方法でユースの育成を目指す姿が面白いです。

そして、ヒロインの花の存在もアオアシの面白さを引き出していると思います。サッカーのことはあまり知らないながらも、主人公のアシトを気に掛け食事のサポートなどをしています。少し天然なところもあるかわいいキャラクターですが、前に出すぎず程よい位置で絡んでくるので、サッカー漫画としても邪魔にならない良いヒロインだなと思います。

幾度となく壁にぶつかりながら、乗り越えていく主人公の姿には感動を覚えるとても新鮮なサッカー漫画でおすすめです。