「十角館の殺人」について

「十角館の殺人」は綾辻行人さんのデビュー作です。 綾辻行人さんと言えば、所謂「新本格派」と言われるミステリィのムーブメントを作り出した作家として有名です。 ミステリィ界では「綾辻以前、綾辻以後」という言葉が生まれた程です。 そんな方のデビュー作である以上、大きな話題になったかというと、実はそんなことはないのです。 そもそもこの作品はミステリィの新人賞である江戸川乱歩賞に応募したものの、2次選考で落選してしまいました。 その頃は松本清張を始めとした「社会派」と言われるリアリティを追及したタイプの推理小説が主... Read More