コウノドリ(著:鈴ノ木 ユウ)

出産をテーマにした作品です。
この作品には色々な問題を抱えた妊婦さんが出てきます。
母体に問題のある方、子供に問題がある方、未熟児や、それこそ命に係わるような重いテーマもあります。
産婦人科である主人公が、その問題の一つ一つに真摯に、真剣に向き合いながらストーリーが進んでいきます。
この作品は、特に男性に読んでほしいと感じます。
妊娠するという事、出産するという事の大変さや、母の子供への思い。
また、一つの命を世に送り出すためにどれだけの人が真剣に向き合っているのか、どれだけの人に助けられて、どれだけの人に待ち望まれて産まれてくるのか。
そもそも「無事に産まれる」という事がどれだけの奇跡の上に成り立っているのか。
命、そのものを考えさせられる良いマンガだと思います。
色々な妊娠・出産に係わる病気や問題をテーマにしていますので、それ自体が良い知識にもなりますし心構えにもなります。
女性が読んでもためになりますし、お子さんがいらっしゃるお母様にっとっては感慨も一層深まるでしょう。
お子様への愛情も再確認できるのではないでしょうか?
私が「特に男性におすすめしたい」と思うのは、女性がどれだけ大変な思いをして出産に臨むのかという事を少しでも身近に感じてほしいからです。この本にはそれだけの力があります。
読んでみて下さい、そして改めて考えてみて下さい。
自分が好きになって、自分の子を宿してくれた愛する女性が、どれだけ悩んで苦しんで、それこそ自分の命をかけて子供を産もうとしてくれているのかを。
どれだけの人の助力で、どれだけの奇跡を重ねて授かった命なのかを。
男性は自分のお腹を痛めて、日々自身の中で成長していく我が子を実感しにくい立場にあります。
時には不満を持ってしまったり、つまらなくなってしまったり。「産まれるのが当たり前だ」「子供がいるのが当たり前だ」と思ってしまったりする時もあるでしょう。
でも、違うんです。この本を通して、もう一度ご自身の愛する人への感謝を感じてみて下さい。
もう一度ご自身のお子様へ目を向けてみて下さい。
きっと、この「コウノドリ」という本を読む前と、後では良い意味で全然違う気持ちを抱ける事と思いますよ。